アクセスはこちら
TEL:078-936-2276 月~金 9:00~12:30、15:00~23:00/土曜は13:00まで
メールお問い合わせ

交通事故,むち打ち治療,捻挫(ねんざ)肩こり,頭痛,腰痛,膝痛,スポーツ障害等。マッサージ,骨盤矯正【明石市/おかもと整骨院】

トップページ整骨院紹介施術の流れ交通事故メニュー・ご利用料金交通アクセス
トップページ»  腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

当院ではどのような痛みに対してもまず姿勢のゆがみに着目して治療を行います。
まずはカウンセリングから痛みの箇所を正確に判断し骨盤、背骨のゆがみをチェックした上で患者様に見合った最適で即効性のある施術を提案させていただきます。
決して腰が痛いからといって腰だけをマッサージするようなことは致しません。
ヘルニア、坐骨神経痛、シビレ等の症状をお持ちの方もたくさん来院されております。
他院で改善されなかった症状が当院では改善したくさんの喜びの声をいただいております。
頑固な痛み、コリに対して鍼灸治療も効果が高いと判断した場合は提案させていただきますが無理に薦めたりはしませんのでご安心ください。
急性の症状の方にも慢性の症状の方にも即効性のある施術を致します。
1度の施術で痛みがなくなってしまうことは当院では珍しくありません。
1回~3回くらいで効果を実感して頂けると思います。
他院で診てもらったがなかなか良くならないとお悩みの方あきらめてしまう前に一度是非当院にご相談下さい。

受付

受付

当整骨院が初めての方は「初めてです」と言って保険証を提出してください。スタッフが問診票をお渡ししますので、受け取られましたら待合のソファへ移動してください。
2回目以降の方は診察券を提出してください。
また、2回目以降の方でも月初めには確認のため、保険証の提出をお願いします。

問診票記入

問診票記入

ソファに座って順番待ちをしている間に、受付でお渡しした問診票に症状、必要事項についてご記入ください。

カウンセリング

カウンセリング

ご記入いただいた問診票を元に症状などについてお尋ねします。お悩みの症状や痛くなり始めたきっかけについて出来るだけ詳しくお話し下さい。
症状に対する質問や、症状以外の相談もお受けしますのでお気軽にご質問、ご相談ください。

視診・触診

視診・触診

施術に入る前に、痛みの出ている箇所を見たり直接触りながら痛みの原因を探り出します。
痛みの原因がつかめたところでわかりやすく説明をさせていただきます。
もし、説明がわかりにくいときは納得できるまでご質問ください。

施術

施術

診療ベッドにて患者様に合わせた即効性のある施術を行います。
姿勢矯正、マッサージ・ストレッチを中心に最新医療機器(電気治療器、超音波治療器など)を使い出来る限り痛みの伴わない施術を心掛けています。

症状の説明・今後の計画

症状の説明・今後の計画

今後の治療計画、来院時期についてお話します。
また、症状の根本から改善していくためにも日常生活の送り方、普段の姿勢、ストレッチのやり方などをアドバイスさせていただきます。

↑このページのトップへ

患者様の声 坐骨神経痛 53歳 男性

運転などで長時間座っていることが多くて、最初は腰が痛いだけだったんですが次第に足の方まで痛くなってしまい何件か接骨院を通いましたが改善がみられず口コミで評判の良かったので藁をもつかむ思いでおかもと整骨院に来ました。
院長先生に骨盤のゆがみ背骨のゆがみを矯正してもらうと嘘みたいに楽になりました。

患者様の声 ヘルニア 37歳 女性

以前から腰の痛みがあって、休みの日にマッサージ屋さんでほぐしてもらってその場では少し楽になるものの次の日にはまた痛いの繰り返しで次第に足にシビレが出るようになりました。私の場合腰周りの筋肉が異常に固くなっていることが原因だったようで緩めてもらうとすごく楽になりました。

患者様の声 ぎっくり腰 61歳 女性

ある日突然動けなくなり、以前から通っていたおかもとさんにお願いすると炎症がひどかったようでお灸をしてもらい随分楽になりました。
痛みも日に日に減って今は少し痛くなったら診てもらうようにしてます。
先生いつもありがとうございます。

どんな症状にも痛くなった原因があります。
しっかりとしたカウンセリングでそれを伝えた上で
即効性のある施術を行います。
是非、一度ご相談下さい。


 

こむら返りについて

激しい運動後や睡眠中に「足がつった」などの経験はありませんか?
俗に言う「こむら返り」「足がつる」とはいわゆる脚の筋肉の痙攣です。

原因として

  • 筋肉疲労(激しい運動後)
  • 運動不足
  • 水分不足
  • マグネシウム、ビタミンEなどのミネラル不足が理由で体内の電解質バランスが崩れ、筋肉収縮の調整が出来ない。
  • 冷たい水に浸かったり、長時間たちっぱなしによる血行不良が理由で筋肉の弛緩調節が鈍くなり、縮んだ状態が続く。等が考えられます。
    重症になると肉離れを起こすこともあります。

治療法としては
 
  • ストレッチ、マッサージによる血行の改善
  • テーピングを使用して、患部の筋肉を保護
  • 症状にもよりますが鍼・灸も効果を発揮します

病的なもの、妊娠によって起こりやすいものは上記に当てはまらない場合がございますが、当院での治療や普段の生活で改善できる症状です。 ぜひご相談下さい。

 

電話予約・相談メールお問い合わせアクセスはこちら
↑このページのトップへ